業種追加/般・特新規

    目次

    1.業種追加とは?

    こんなお悩みありませんか?

    従業員が資格を取ったので、新たな業種の許可が取れるようになったけどどのようにすればいいの?

    新たな業種の需要が増えてきたので、その業種で500万円以上の工事を受注したい。

    元請けから、別の業種の許可も取ってほしいと言われた。

    現在許可を有している業種の他に、新たな業種の許可を追加することができます。

    業種追加には大きく分けて以下の2種類があります。

    1-1.「一般建設業」を受けている者が「他の一般建設業」を申請する場合

    例えば、一般建設業の塗装工事業を取得していて、新たに一般建設業の左官工事業を追加する場合です。

    また、一般建設業の塗装工事業と特定建設業の内装仕上げ工事業を取得していて、新たに一般建設業の管工事業を追加する場合もこちらに該当します。

    1-2.「特定建設業」を受けている者が「他の特定建設業」を申請する場合

    例えば、特定建設業の内装仕上げ工事業を取得していて、新たに特定建設業の管工事業を追加する場合です。

    また、一般建設業の塗装工事業と特定建設業の内装仕上げ工事業を取得していて、新たに特定建設業の管工事業を追加する場合もこちらに該当します。

    2.般・特新規

    また以下の場合には業種追加ではなく「般・特新規」となります。

    2-1. 「一般建設業」のみを受けている者が「特定建設業」を申請する場合

    例えば、一般建設業の塗装工事業を取得していて、新たに特定建設業の左官工事業を取得する場合です。

    また、 一般建設業の大工工事業と一般建設業のとび・土工工事業を取得している場合に、大工工事業を特定建設業の大工工事業にする場合も、般・特新規になります。

    2-2. 「特定建設業」のみを受けている者が「一般建設業」を申請する場合

    例えば、特定建設業の内装仕上げ工事業と特定建設業の塗装工事業を取得していて、新たに一般建設業の管工事業を取得する場合です。

    他にも、知事許可から大臣許可へ変更したい場合(許可換え新規)など、いくつかパターンがありますので、どれに当てはまるのか分からない場合も、まずはお気軽にご相談ください。

    3.6つの許可要件について

    新たに業種を追加する場合の建設業許可を取得するにはどのような要件を満たせば良いのでしょうか ?
    原則として新規に許可を取得する場合と変わりはありません。以下となります。

    1. 経営業務の管理責任者
    2. 専任技術者
    3. 財産的基礎
    4. 誠実性
    5. 欠格要件
    6. 社会保険

    4.料金について

    東京都の申請手数料は新規の場合は9万円かかりますが、業種追加になると5万円となります。

    当オフィスの報酬は以下のとおりです。お客様のご状況により金額が異なりますので、詳細はお問い合わせください。

    分類報酬(税込)
    建設業許可申請(業種追加)知事60,500円~
    建設業許可申請(業種追加)大臣88,000円~
    建設業許可申請(般・特新規)110,000円~
    建設業許可申請(許可換え新規)110,000円~

    以上になります。ご参考になりましたでしょうか。

    お困りのこと・相談したいことがございましたら下記のお問い合わせフォームからお願いいたします。

      必須お名前
      必須ふりがな
      必須メールアドレス
      任意電話番号
      必須お問い合わせ種別
      必須お問い合わせ内容


      目次
      error: